住宅の新築,増築,リフォームから大規模建設工事まで/埼玉県熊谷市の総合建設業〜時田工務店
CONCEPT of TOKITA C.C.〜時田工務店の理念

街・建・人

「街」
 街は、自然が織りなす風土と、ゆっくりと重ねられた歴史によって固有の文化と風景を育みます。 その街に人々は生まれ、育ち、社会の仕組みの中で日々の生活を営んでいます。 ここ数年、社会の変化に伴って、経済優先、合理性や効率主義を第一とするこれまでの考え方に代わり、潤いや安らぎに包まれた、生活優先の思想に目が向けられるようになりました。 それは、私たち生活者の願いであるとともに、これからの社会全体のテーマであり、日本の、そして地球全体のテーマともいえます。 生活者のために、快適な環境を街ぐるみで実現していく。今こそそんな視点を持って、街をもう一度見つめ直す必要があるのではないでしょうか。 街に生活する人々の為に、快適な環境を実現していく事こそ原点としての地域熊谷で建築業を営む私達の最大のテーマと認識します。 建築というハードと、生活や文化というソフトのより良い調和を追求し、時代の感性をダイナミックに取り入れながら、力強く情報を発信する街、 そんな魅力的な街づくりを、誠意をもって担っていきたい、と私たちは考えます。

「建」
 街は、固有の風景を持ち、建物や人によって独特の表情や地域の文化を形づくっています。 そして、ひとつひとつの建築は、街に暮らす人の生活や習慣そのものに深く関わり続けます。 だから、その意味で建築の果たす役割は、複雑で多大なものといえるでしょう。 私たちの仕事は、ひとつの空間をつくることだけで終わる事は決してありません。 常に、街との関係、生活者の歴史とライフスタイル、機能と美の調和、ボリュームとコストなど、さまざまな視点から、より良い答えを求めて真剣に取り組みます。 だからこそ、「システムオーガナイザー」としての発想が必要になってくるのです。 たとえ小さな仕事でも、地域全体の視点からとらえ、妥協せず丁寧に取り組む。必要な知識と技術を貪欲に取り込み、積極的に活かしていく。 地域の主役である生活者との対話を基盤に、ひとつひとつの仕事を誠実に積み上げて行く。これらのことは、プロフェッショナルとしてごくあたり前のことなのですが、実は非常に難しいことでもあります。 しかし、豊かな街、豊かな地域社会を築いていくためには、これ以上確かで望ましい方法はない、と私たちは信じています。 人と建物、街と建築の深い関係を見据えながら、熱意を持って、これからの街づくりにふさわしい、清新な建築を創造していきたいと考えます。

「人」
 人々の生活する街や建築をつくっていくのもまた、人に他なりません。このあたり前の事実関係を正しく認識するからこそ、私たちはヒューマンネットワークにこだわり続けています。 高品位な建築を生み出すために、地域の特性を深く知り、時代の変化に機敏に反応しニーズに応え、新技術導入を心がけながら伝統技術も正しく継承する。 そのための質の高い情報を獲得できるかどうかは、結局、建築に携わる私たちをとり囲む「人の質」そして「人と人との関係の質」で決定してしまうと考えます。 その「質」は、いくら高くても高すぎるということはありません。 未来を担う多様な才能を積極的に育て、高い技術力を持ち続けることはもちろん、組織を超えた人と人との対話を重視し、お互いを補完し高め合う密接な関係を結んでいく。 こうして、質の高いネットワークを持ち続けることこそが、質の高い仕事を獲得する一番の道であり、そしてその拡がりを活かすことができるとき初めて、豊かな街づくりへの貢献が可能になると、私たちは確信しています。