住宅の新築,増築,リフォームから大規模建設工事まで/埼玉県熊谷市の総合建設業〜時田工務店
ISO取得

【時田工務店】   平成11年02月
ISO9002(現ISO9001) 取得


 ISOとは国際標準規格を言い、9002は製造据え付け及び付帯サービスに関する品質保証システムを指します。近年国際化の気運の中でISOが注目され、その影響は我が建設業界にまで及んで来ました。 本来輪出関連製造業者にとってISO取得は必須条件でありますが、建設業者にとっては特別なアドバンテージは今の所無く、認証された会社の品質保証システムが、 国際基準をクリアしているというクオリティの評価以上のものでは無いのですが、大正12年1月18日に創業し、 75周年を迎えた記念事業として、またこの75年の歴史の中で独自に獲得してきた我が社の技術と管理システムが世界基準に対してどれ程の位相にあるかを改めて検証するには絶好のチャンスでした。
 取得の為には、1年を越える時間と、専門のコンサルタントが必要と聞き及んでいましたが、コストをかけず且つ今期中に取得したいとの思いから、独力での挑戦となりました。 ISOのオーダーをしっかりと読み解き、取得の為の新たなシステムの構築は基本的にしない、75年の歴史の中で作り上げてきた独自のシステムを評価し、再編成するに止め対応させる事にしたのです。 ISO優等生をめざし、地域工務店としての更なる資質向上の為にチャレンジを試行しています。

(品質方針)

 社是『技術の調和,組織の対話,清新の創造』を基本原則として、コミュニティコンストラクションとしての地域創造を、建築の適切な計画と技術とコストを通して快適な地域社会と環境の創造を目指し、顧客の満足と建築物の付加価値を最大限に追求し、さらにその有効性の継続的な改善を行う。

【時田工務店】   平成12年11月
ISO14001 取得


 ISO9002が品質保証システムであるならば、14001は環境管理システムです。建設業は、直接工事ばかりでなく、 資材及びその維持管理にいたるまで、環境に対する負荷は高く、直接間接に地球に対して大きなダメージを与え続けている業種です。 我社のモットーは「地域に暮らし、地球に生きる」と言う、地域と地球を、生活を通して等しく認識する事を基本としていますから、 14001への再チャレンジは極めて必然の展開でした。 幸い我社は、長年、建設副産物管理委員会を社内に設置して、最善の対応を模索し続けて来た経験から、前回(ISO9002)同様外部からの指導も特別受けぬままに、認証取得となりました。 時代の要求は今日、単なる建設を超えて、環境という視点を集めています。工事現場での作業、使用資材への考慮、搬出材の分別収集はもちろん、我社で試みているエコロジーハウスの発想も、 ロングバリュー建築へのアプローチも、地球に対する優しさの表出に他なりません。建築貢献する事こそ、私達の一番の仕事です。 ISO取得が目的では無く、そのシステムの運用の質を向上させることで、高品位で付加価値の高い建設を心掛けたいと思います。

(環境方針)

 自然環境との共存を企業活動の基本に位置づけ、建設及びそれに付随する業務が環境に及ぼす影響を踏まえ、特に工事現場から多量に発生する建設副産物の抑制や、 再利用の促進及び適正処分の徹底などの管理活動を行なうための環境管理システムを構築し、環境保全活動の向上を図る。